アニメーター

アニメーターを目指すためにまずやることとは

絵が得意、アニメが好きという方には、アニメーターという職業が気になっている方も多いのではないでしょうか。アニメーターとはアニメに登場するキャラクターや舞台背景などを一枚一枚丁寧に動かす絵に描く仕事です。アニメーションには作品をつくるのに、企画から始まってシナリオ構成、仕上げや撮影などの多くの工程があり、そのなかの作画を主に行うのが仕事内容です。絵にはアニメーションの動きのポイントとなる原画と、原画と原画の間に入れる動画の2種類あり、新人のうちは動画を任せられることが多いです。アニメーターになるにあたって、準備したいことといえば、絵の練習です。専門学校に通うなどすれば効率よく学ぶことができますが、独学で学んでいる方も多いです。自分の作品集を用意し、いつでも絵をみてもらうチャンスを逃さないようにしましょう。

アニメ好きにたまらないアニメーターの魅力

アニメーターになるには学歴などは必要なく、実力主義の世界ですので、努力や挑戦でどんどんチャレンジすることができます。積極的に制作会社に出向くなどして、アピールしてみましょう。大手から中小企業までさまざまですが、アニメ制作会社においてアニメーションは担当ごとに分かれて作られており、新人のうちは動画担当、慣れてきたら原画担当、最終チェックを行う作画監督といったようにアニメーターはどんどんステップアップすることができます。自分が描いた絵が、アニメーションとなってテレビや映画で見られる喜びは大きく、経験を積んでいく毎にどんどん大きな作品にかかわれるようになる達成感はこの上ないです。地道な作業の積み重ねも多く、つらい時期もあるかもしれませんが、何より好きなことを仕事にできることは幸せです。

アニメーターを目指すなら、こんな方におすすめ

アニメが好き、アニメを動かしてみたいといった方はもちろん、コツコツ作業することが好きな方がアニメーターに向いているといえます。大勢のスタッフの力を結集してひとつの作品を作り上げるので、担当する仕事をきちんと仕上げられる責任感や周囲のアドバイスを受け入れられる素直さも大切です。人や動物、食べ物など、あらゆるもののデッサンをする力は身につけておくべきです。「クリーンアップ」という美しい線を鉛筆で描いたり作画のポイントとなる「レイアウト」や「パース」といった技術も身につけておきたいです。専門学校でなら手早く習得できますが、独学で学ぶ方も多く、とにかく地道な練習が成果を発揮します。画力が不足していたとしても、熱意と情熱をもって、コツコツと練習しあきらめないことでアニメーターになれる方もいます。書籍やインターネットで情報を集め、絵のスキルをとことん磨いておきましょう。