アニメーター

こんなにあるアニメーターの種類

日本の文化のひとつでもあるアニメは、今や日本国内だけでなく世界中の人たちに愛されるものとなっていますが、アニメにはイラストを描く人やシナリオを書く人など多くの人たちが関わりあってつくられており、アニメ関連の職業はアニメーションプロデューサーをはじめ、脚本家やアニメーター、声優など20種類以上にも上ります。中でもアニメ関連の職業の中で特に知名度が高いのがアニメーターと呼ばれる職業ですが、アニメーターはキャラクターや背景などを描く作画がメインの仕事で、アニメ制作にも大きく関わっています。そんなアニメーターは、主にアニメーションの動きの中で重要となる絵を描く原画マンと、原画と原画の間を繋ぐ絵を描く動画マンの2つの役割に分かれており、一般的に新米のアニメーターは動画を担当することが多いです。

憧れのアニメーターになるためには?

アニメーターを目指すための道はさまざまありますが、アニメーターは特別な学歴や資格が必要な職業ではないため、比較的簡単になることができます。しかし、アニメーターになるためには、プロとして仕事を十分にこなせるだけの画力をはじめとするスキルが備わっているかという点はとても重要で、ただ単にほかの人と比べて絵が上手いだけではアニメーターとしてすぐに仕事を始めることはできません。そのため、アニメーターとして働くためにはデッサン力や画面構成力など基本的なスキルを身につけることが大事で、高校卒業後に入学することのできるアニメーション専門の学校や、アニメーション学科のある大学、美術系大学に通って、アニメーションに関わるさまざまなスキルを学び、その上でアニメーションの制作会社に就職して、アニメーターとして経験を積んでいくのが最善の道といえるでしょう。

アニメーターに求められる能力とは?

アニメーターと聞くと一見夢のある職業のように思えますが、他の職種と比べて給料が低く、労働時間も長いなどアニメーション制作の現場というのは非常に過酷な現場でもあります。そのため、アニメーターとして働くためには、長時間の作業にも耐えられる体力と、繰り返しの作業も多いアニメーション制作の現場でも耐えられる忍耐力が必要となります。また、アニメーターの仕事は動画マンから始まり、経験を積むことで原画マンとしての仕事も任されるようになっていきますが、動画マンから原画マンへ昇格するには、デッサン力やセンスも必要となります。その他にも、ひと昔前までは一枚一枚手書きで書かれていたアニメーションも、CGなどデジタル技術が急速に発達している今は、アニメーションの現場でもコンピューターを使用してアニメ作成を行う方法が普及してきており、今後は専用ソフトを使いこなせることも必要となる可能性があります。